ご登録はこちらをクリック

記事タイトルのつけ方の基本

こんにちは!showです。

 

あなたは記事のタイトルをつける時、
どのようなことに気を付けて決めていますか?

 

ここでは、記事タイトルを決める際の基本的な考え方
お話していこうと思います。

【関連ページ:「読みたくなる記事タイトルとは?」



タイトルを決める基本的な考え方

需要があるキーワードを先頭に置くことで、
SEO的にいいとされています。

例:(ダイエット)
「ダイエットするときに重要な○○の裏秘技が話題!」…etc

ロングレンジキーワードとは、
「ある一定の人数に毎日検索されるキーワード」のことで、

これに対してショートレンジキーワードがあり、
これらは、「ある時期だけドッカーンと需要があるキーワード」
を指します。

例えばスポーツ速報などで選んだネタからキーワードを
抜き取って書いた記事のことを言います。

例:
「2月24日平昌オリンピックで初採用のスノーボードビッグエアとは?」
「有名芸能人○○と女優○○の交際発覚!」…etc

記事のタイトルには前出のロングレンジキーワードを
入れ込むようにします。

競合サイトの探し方は、検索エンジンに関連キーワードを
打ち込み、実際に出てきた結果にサイトパワーが弱い

・Q&Aサイト(Yahoo!知恵袋など)
・無料ブログ

が検索の上位にあるようなら競合サイトが弱いと
考えていいと思います。

逆に大手の企業サイトや公式サイトがあると、
なかなか検索上位に表示されないという傾向にあります。

単一のキーワードでなく、複合キーワードをメインキーワードに使います。

複合キーワードとは、ロングテールキーワードとも言われていて、
インとなるキーワードにサブキーワードを含めた2つ以上の
キーワードを指します。

例:
メインキーワード「ダイエット」
サブキーワード「サプリ」「やせ方」「方法」…etc

これはSEOを考えるうえで重要になってきますが、
1つのサイトで最低30記事を目安に構成を決めます。

記事のタイトルもそれに応じて30タイトル
必要になってくることになります。

キーワードが重要だからと、タイトルにキーワードを
押し込んだりすると、意味不明なものになってしまいます。汗

例:(ダイエット、サプリ、やせる、簡単、方法)
「ダイエットのサプリでやせると簡単にする方法」

全く何言ってるかわかりませんね。笑

他との差別化を図るうえで重要なのが自分だけの有益な情報です。
そのキーワードをタイトルにも入れ込んでください。

そうすることで、タイトルにも独自性が出てきます。

タイトルには全て表示させるためには文字数に制限があります。
そこでお助けしてくれるのがツールです。

ここでおススメの無料ツールをご紹介します。

タイトル文字数カウント君!

こちらで文字数を確認することができます。
よかったら使ってみてください。^^

まとめ

タイトルって短い文中に色々な情報を詰め込んで、
尚且つ見た人に「この記事読んでみようか」
と思わせなければいけません。

 

記事が大事だってことは、みんな考えますが、
タイトルって意外と簡単に考えちゃってませんか?

 

シンプルな中に色々な技術が詰まっているのがタイトルと
言えるかもしれませんね。^^

ご登録はこちらをクリック

“記事タイトルのつけ方の基本” への2件のフィードバック

  1. ミラ より:

    はじめまして。
    ランキングから来ましたミラです。
    毎日ブログを更新してますが、記事タイトルは悩むところです。
    先に記事を書いて、その記事の一番言いたかったことを一文にまとめる感じで作っていますが、、、
    また訪問します!

    • show より:

      ミラさん

      初めまして!こんにちは!^^

      毎日ブログ更新お疲れ様です。
      タイトルって短い文の中に、
      色々な要素が詰まっているので、
      決める時には私も苦労しています。汗

      記事の中から一番言いたいことをタイトルにするのは
      いいと思います。

      あとは、どうやって記事を読みたい気持ちにさせるタイトルにするか?
      ……ですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください